女性のデリケートゾーンまんこ臭い悩みを解決!

【まんこ臭い】ホーム > おりもののお悩み > おりものの変化と基礎知識

おりものの変化と基礎知識

おりものは、健康のバロメーターになります!

おりものの変化と基礎知識

女性は初潮を迎える少し前から、おりものの分泌が始まります。
おりもので下着が汚れたり、ベタベタとした不快な感触に嫌な思いをする人も多いと思います。
しかし、おりものは女性の体にとって大切な役割をしており、健康のバロメーターになります。

おりものの役割について

おりものとは膣内や子宮、子宮頚部から出る分泌液で、生理と同じように女性ホルモンの影響を受け、量や色等が変化していきます。
おりものの役割は、膣内を酸性に保ち外部からの細菌が膣内に入り込まない様にしたり、膣内を綺麗にする浄化作用をしています。

生理直後のおりものは量が少なく、さらりとした状態ですが、排卵期が近づくにつれて徐々に量が増え、排卵期を迎える頃になるともっともおりものが多い状態になります。
この時期のおりものは透明感があり水分の多いゼリー状になります。

排卵期のおりものは精子を包み込み、子宮まで届ける手助けをする役割があります。
また、妊娠中は卵胞ホルモンの分泌が多くなる為、おりものの量も増えてきます。

排卵後は、おりものの量は徐々に減り始め、白っぽくてベタつく状態になりますが、生理直前になると再び量が増え始め、ドロッとした白っぽいおりものに変化していきます。
この頃は匂いもきつくなり、おりものに少量の血液が混じる事もあります。

おりものの状態で病気やトラブルが分かる

おりものは一定のサイクルで変化していく為、普段から自分のおりものの状態を把握しておく事で、体調の変化を知る事が出来ます。
いつもと違いおりものの量が多かったり、色や匂いに異常がある時は病気やトラブルの可能性があります。

通常のおりものの匂いは膣内が酸性に保たれていると言う事もあり、個人差はありますがちょっと酸っぱい匂いがします。
生理前は特に匂いがきつく感じますが、異常ではないので心配はいりません。
しかし、普段と違い腐敗臭の様な悪臭がしたり、生臭い匂いがする時は要注意です。
当サイトでもご紹介しているインクリアなどがニオイを抑える人気の商品です。

おりものの量もその人によって様々ですが、おりものシート等では間に合わず、ナプキンを使わなくてはいけないほどの量が出る場合は、医療機関への受診をお勧めします。

おりものの量は、健康状態を知る目安になります

おりものの量は年齢やその時の精神状態によっても多少違ってきます。
量は20代をピークに増えていき、閉経近くになるにつれて徐々に量が減っていきます。
強いストレスなどを感じている時等も、ホルモンバランスが乱れてしまい、おりものがいつもの状態と違う事がありますので、自分の精神状態や健康状態を知る目安の一つになります。

女性にとって長い付き合いとなるおりものですが、出来るだけ快適に過ごせるようにおりものシートを利用したり、通気性の良い下着を付けたりする等して、ストレスフリーの日々を送りたいものです。

人気石鹸ランキング

第1位 インクリア

インクリア

84%の方が効果を実感している人気No1商品!
使い切りタイプでワンプッシュで使える簡単なタイプです。

第2位 LCジャムウハーバルソープ

LCジャムウハーバルソープ

石鹸タイプではNo1シェアを誇るLCジャムウハーバルソープ!
黒ずみにも効果あり!

第3位 ジャムウ ロンタル ハーバル ジェルソープ

ジャムウ ロンタル ハーバル ジェルソープ

日本生まれのロンタル ハーバル ジェルソープは、日本人の女性に作られた商品です!

おりもののお悩み

まんこ臭いのお悩み

臭い改善石鹸・ソープ